9月9日(土)、
五個荘 交流錬成会に参加しました。



今回、道場からは
5・6年生のメンバーで参加しました。


朝から何やらミーティング??




まずは、基本稽古からスタートです。
毎年、高校生の皆さんが
元立ちをしてくださいます。

で、清流館の先輩をみつけて、
嬉しい後輩達は、いざ!



いつも、ありがとうございます。



さぁ、団体戦に向けて。


















ひとつ試合をして、コメントをいただく。
次の試合に生きるように、
ひとりひとりの目を見て話してくださいます。

午前に3試合しました。


お昼休み!(^^)!


午後からも3試合。

一日終わって、先生より。
「今日もそれぞれに得たものがあったはず。
それができるようになるために、
次の稽古からどんなことをしていくかを
考えてやっていって欲しい。」

次からの稽古、見られていますよ~。


大会を、主催・進行してくださった、
東近江剣道連盟、五個荘剣道スポーツ少年団
の皆様、ありがとうございました。

そして、行事と重なり、お忙しい中、
子どもたちのために
やりくりしてくださった先生方。
いつも、本当にありがとうございます。

皆さん、お疲れさまでした。


9月8日(金)、また先輩がきてくださいました。



先日来てくださった先輩のお姉さん。
明るく、元気!!

誰よりも大きな声で稽古されていました。



後輩達に向けて…

「もっと、元気を出して、盛り上げていこう!
自分の時は、全力で。
他の子がやってる時は、いけいけ!って。
みんなのパワーで盛り上げると、
全体に勢いがつきます。」
と、コメントしてくださいました。


先輩達が休みを利用して稽古に来てくれる。
いろんな方に、いろんな角度から
見ていただいて、コメントしていただける。

幸せなことだね(*'▽'*)

だから、心にとめて…。

次に先輩が来てくれた時には、
「おぉー、変わったね、よくなったね。」
と言ってもらえるようにしよう!


先輩、ありがとうございます<(_ _)>


昨夜は、道場の稽古に高校生の先輩が三人
来てくださいました。
高校は、まだ夏休みだそうで、
貴重なお休みの時間に来てくれたのです。





それぞれ、別々の高校で剣道に取り組み、
青春を突っ走っている。
充実しているんだなぁ…(^ー^)
というのが伝わってきます。
汗が、キラキラとまぶしいっ!☆彡





気合いの入った先輩同士の稽古に、
みんな思わず見入ってしまいます( ・_・)

久々に見た後輩は、成長していたでしょうか…。

また、いつでも来てくださいね~(^_^)ノ


8月27日(日)、彦根市民体育センターにて、
「朝日旗争奪 びわこ少年剣道錬成大会」が
開催されました。




開会式 入場行進




さぁ、いくぞ!


個人戦 (3~6年生、学年別)












みんながんばりました。
自分の目標、課題は達成できたかな?
何を考えてから試合コートに入りましたか?



団体戦


力をあわせて、「いくぞー、オー!!」

ん?いつもより、勢いがある?
いい感じだね、と応援のお母さん達にも
熱が入ります。

そのムードが戦果を押し上げます。
あがるたびに、応援にも熱が入ります。
三回戦まで勝ち上がることができました。
惜しくもそこで敗れましたが、
いつもより少し大きく見えた5人の背中です。




表彰式





東村 木花さん、三年生女子の部で、
みごと、三位です。
おめでとう、このはちゃん(^o^)




先生からのコメント。
今日の団体戦は、勢いがあって、よかった。
メンバーも、応援も盛り上がった。
これを毎回続けていくことが大切。

難しいことじゃない、
相手より速く振って、小さく早く打つ。
これを気にかけただけで、よくなった。
普段の稽古で、これができるように。

強いチームは、間の行動も
素早くきびきびとしている。
そういうところを変えてくると、
見た目もずいぶん変わってくる。
ひとりでもだらだらしていると、
それだけでチーム全体のムードが崩れる。
今日、手応えを感じただろうから、
今日をきっかけに変わっていこう。
普段の稽古、生活、全てが連動しているよ。


今日をきっかけに変わって欲しい!
君たち5人が変わることで、道場全体が
巻き込まれて変わっていけたらいいなぁ…。



大会を運営してくださった皆様、
ありがとうございました。

応援にきてくれた道場の仲間、
保護者の皆様、ありがとうございました。

お疲れさまでした。



8月11日~12日、北九州市へ。
試合に参加してきました。

とはいえ、滋賀からノンストップで
7時間はかかる道のり(^_^;)
前日10日の20時の出発です。

しかも今回は、先生と選手、
その家族を合わせて、50人の大所帯。
観光バスをお借りしての大移動となりました。

途中、先生おすすめの
山口県「美東ちゃんぽん」で、早めの朝ご飯。



美味しい!
野菜たっぷりです(^_^)b


6時過ぎには体育館に到着。
すでにたくさんの選手が開場を待っています。
さぁ、みんな、スイッチ入れて!

アップ会場も、大変な混み具合^_^;
サウナのような暑さです。


一日目、8月11日(金)は、
「第42回 全国少年剣道優勝大会」
団体戦のみの大会です。


まずは、開会式





我らが八幡西清流館からは、
二年生以下の部、1チーム
小学生の部、2チーム
中学生の部、1チーム
中学生女子の部、1チーム
が参加しました。



















噂に聞いてはいたものの、強い!!九州勢!
歯が立たないとはこういうこと…。
姿勢というか、気迫というか、
全国には、こんなに心から強い少年剣士が
たくさんいるんだなぁと感じました。

先生のコメント、林の中で聞きました。
「自分の力が出せた人はいなかったはず。
相手に圧倒されて、動けなくて、
打たれておわる。
今回、こうなることはわかっていて、
遠征に連れてきています。
こういう場で
自分から向かっていけるようにすること。
気持ちで負けない。
そのための稽古を普段からしていないと、
こんなところにきて突然勝てる訳がない。
そのための稽古をしてください。」






二日目、8月12日(土)は、
「神武館旗争奪少年剣道個人選手権大会」
個人戦のみの試合です。

昨日の先生の言葉を受けて、子ども達は、
それぞれの試合に向けての気持ちを
どのように考えたのでしょうか…。















昨日よりは、気持ちが前にいけてたかな。

自己評価、先生からのコメントは
どうでしたか?

成績としては、
記せるものはなく終了しました。

勝ち負けではなく、得たものが 大切。
忘れずに持ち帰って欲しい…。


帰りのバスで、先生は
「何も考えずに試合場に入って、
始めの声がかかってから
どうしようかな?と考えても、遅い。
前もって考えてから入って、
気迫を込めて打つことが大事」
とした上で、
明確な課題を示してお話してくださいました。



小学生低学年(1~4年生)は、
「竹刀を小さく速く振る。」
「相手よりも先に打つ。」

小学生高学年(5・6年生)は、
「相手を攻めて、技を使う。」

中学生は、
「相手をいいように使う。
相手を思うように動かして狙いを定めて打つ。
自分のペースに巻き込む。」

これができるように、
稽古をする時に気持ちをつくる。
稽古でできないことは試合でできない。
「勝ちに不思議な勝ちあり
負けに不思議な負けなし」

さぁ、帰ってからの稽古、頑張ろうね。
遠征で遠くまで行って、負けたけど、
これを得ることができたよと
思えるようにしようね。










帰り道。
関門海峡辺りまでは
みんなまだ元気でしたが、
その先はみんなぐったり。
途中、尾道ラーメンを楽しんで帰りました。

滋賀には日付かわって朝の4時頃帰着。
おつかれさまでした。


大きな大会を運営してくださった皆様、
お世話になりました。

ロングドライブを笑顔でしてくださった
琵琶観光バスの運転手さん。
わがままを聞いてくださって
ありがとうございました。
おつかれさまでした。

大所帯を笑顔で迎えてくださり、
気持ちよく休ませていただきました、
西鉄イン小倉のホテルの方、
ありがとうございました。

引率、ご指導いただいた先生方、
役員のみなさん、付き添いのご家族の方、
お世話になりました。

みなさん、おつかれさまでした。


いつも稽古終わりに先生がお話くださいます。

最近、繰り返しお話されていること。



「暑いのは、君たちだけではありません。
先生たちも暑いです。
懸かりたいと並んで待っている人がいる以上、
元立ちの先生は途中で休むこともできません。

決して体調が悪いのに無理をしてやれと
いっているのではありません。
家でコンディションを整えた上で、
稽古に臨む。

暑いときには判断も鈍るし、
動作も気が抜けがちです。
これは、もう、気持ちの問題。
よし!やるぞ!と気持ちを入れれば、
動きが違ってきます。
その違いは元立ちから見ていると
歴然としています。

気持ちひとつ、自分で奮い立たせること。」


面を外してゆっくりと水分補給…
暑くなるとそんな場面をよく見かけます。
そうしたい…気持ちはわかる。

でも、そこはやはり気持ち。

自分で自分に厳しくできるかどうか。


ここを乗り越えたら、
前回負けたあの子に勝てるかもしれない。
それは、技術を磨けることもあるけれど、
気持ち、強い気持ちで上回れるかもしれない。


「お母さんは、言うだけだからいいよね…。
やってる僕らは大変なんだからさ…。」
という声が聞こえてきそうですが。
母は、一生懸命に応援する事しかできない。
でも、その気持ちは熱いんだよ。
どこまででも、応援するよ。


7月29日、
近江八幡市剣道連盟の昇級審査会でした。

今回がんばったのは、この6人⬇



まずは、準備。



先生から、審査前最後のアドバイスを。





開会式、いざ!



















結果は、皆さん合格をいただきました。
よかったね、おめでとうございます(*^^*)


お疲れ様でした!