6月4日(日)今年度二回目の
滋賀県スポ少の稽古会に参加しました。

今回は、子供たちの体調不良や怪我で
参加予定者が数名欠席(^^;)
いつもほとんど出席のメンバーがいないので、
やや寂しい雰囲気でした。

前回同様、ジャンケン列車で、心身をほぐし、
基本稽古からスタート。
その間、指導者の先生方も稽古という
前回と同じスタイルです。





今回は、私は育成会の係員向けの
「掲示要領講習会」に参加し、
勉強してきました。
少年剣道の試合では、育成会(親)が試合場係を
やることがよくあります。

時計係・記録係・掲示係・選手誘導係など、
剣道経験が全くない親たちも
やらねばならないので、
慣れないうちは戸惑い、
ガチガチに緊張します。


講習会は、今までなんとなく疑問だったことを
解決するよい機会です。

あくまで、スポーツ少年団での方法ですとの
前置きがあり、講習会スタートです。
というのも、大会によって、
記録用紙も試合時間も違うので、
その都度確認が必要なのです。

今回勉強したことで、
自分の中でのひとつ軸ができ、あとは応用。
とても為になる講習会でした。

そのあとは、ガッツリ13試合分の
時計係・記録係を体験(^^ゞ
おわった時にはドッと疲れがきましたが、
審判の先生方に「わかりやすかったですよ」
と、言って頂いてちょっと自信になりました。

「係員はわからないことが多いから、
あんまりやりたくないんだよなぁ…。」
と思っておられる方がいらっしゃったら、
講習会、オススメです。
是非、志願なさってくださいね~o(^-^)o