10月15日(日)、滋賀県剣道少年団研修会が
湖東コミュニティーセンターで
開催されました。


午前の作文発表は、我らが道場から
中学一年の 深尾周佑くんと、
小学六年の 保智一輝くんが
事前選考で選出され、
発表者として登壇しました。

清流館では この選考の前に、
道場代表を決める道場内選考があります。
小学生以上は、夏休みに作文を書きました。
その中で、道場の先生が選んだ数名が、
みんなの前に立ち作文を発表します。
その様子がこちら↓





そして、道場代表で選ばれた二人の作文が
提出され、滋賀県内でさらに選ばれ、
小・中それぞれ五人の発表者に選ばれた
という訳です。
これだけでも、すごいことなんです!!

このレベルになると、
作文を読み上げるのではなく、暗記して、
身振り手振りも交えながら
聴衆に訴えかけるのです。
二人も稽古終わりにみんなの前で、
自宅の家族の前で、
発表の練習に励んできました。


保智一輝くん「六年生の自覚」


深尾周佑くん「初心の心」





どの作文もすばらしく、
気持ちのこもった発表でした。
こんなこと考えてるんや~と
感心したものも多くありました。

結果は、二人は敢闘賞。
ホッとして、この笑顔(^_^)v


最優秀賞に選ばれると、
近畿大会、全国大会へと進むことに
なります。
文武両道、目指せ!後輩達!


さて、午後からは稽古会です。


脇本幸彦先生の剣道講話


続いて、東レ剣道部の
各務選手、嘉数選手、福本選手がゲスト
としてお越し下さり、稽古会が行われました。
皆さんの普段の稽古法をその狙いとともに、
教えてくださいました。




身になる稽古、大切なことを
たくさん教えてもらったね。

講師の先生方、ありがとうございました。
会を準備運営してくださった先生方、
お世話になりました。

皆さん、お疲れさまでした。