新年早々、1月6日(土)に
昇級審査がありました。



道場からは、15人が参加しました。
道場の稽古始め前の審査なので、
それぞれ休み中に稽古をしてきました。

〈面をつけての切り返しと掛かり稽古〉






















〈剣道形〉











みんな、緊張の面もち。
練習の成果は発揮できましたか?

先生からは
「いつも稽古でやっていることと
同じことを、しっかりやること。
(切り返しの稽古をゆっくり
打ったことについて)
なぜ、いつもと違うことをしたのか?」
「掛かり稽古がどんな稽古か、
わかっていない人がいる。」
とのご指摘をうけました。

確か、以前の昇級審査の記事にも
同じことを書いた覚えがあります。
わからないなら、調べよう。
準備をして臨みましょう。


おつかれさまでした。