1月13日(土)、大阪 舞洲アリーナにて、
「第14回西善延杯争奪青少年選抜剣道大会」
に参加してきました。









八幡西清流館からは6チームが参加しました。

この大会は三人の団体、勝ち抜き戦です。
しかも、ひとりの試合時間は
小学生2分、中学生3分で、
一本勝負です。
つまり、ひとりでバッタバッタと
三人抜きをすることもできます。
一試合は一本で決まってしまうので、
あっという間に試合がおわってしまう
こともあります。

参加者がたくさん!!
アップをするのも大変です。



開会式



さて、試合です。













それぞれ、自分の課題が見つかった
大会になったと思います。
次の試合に向けて、稽古しよう。
今回の課題が次の試合で少しでも
納得のいくものになるように。

稽古を考えて工夫して、
試合でやってみる。
で、また考える。

この流れ、社会人になったら、
どんな仕事でも本当にこれの繰り返し。
妥協せず、諦めず、懸命に。

剣道を通して人としての道を学ぶ。
これからの人生に生かしてね。
自戒の念も込めて、親も学びます。


この大会を主催してくださった、
住吉川少年剣友会の皆様、
ありがとうございました。

おつかれさまでした。