3月17日~18日、静岡県富士市で開催の
富士剣道大会に参加してきました。

前日の22時から出発。
朝が明けてきた5時半頃の富士山


そして、7時過ぎの富士山。車窓より



一日目は、申し合わせ試合の稽古会でした。







たくさんの試合をした子どもたち。
自分の中での手応え、
感じることはあったかな?
先生がひとりひとりに声をかけ、
指導してくださいます。
振りが大きい。スピードが遅い。
相手より先に攻める。等々…。

全体に対しては…
アップへのとりかかりに、
何故あんなに時間がかかったのかと
問題点が上がりました。
全部の荷物を持って、
一度スタンドまで上がり、
自分たちの指定エリアはどこだろう?
と探していた子供達。
完全に出遅れたのでした。


今日は富士市内の旅館で泊まり、
明日の試合に備えます。
早く寝る子、おしゃべりに夢中な子、
思い思いに過ごしました。

中学生が明日の指示を出してくれました。
「明日は、車に防具袋を置いておいて、
必要な物だけを持って体育館にすぐに
入るよ。」
今日の反省を踏まえての策です。



明けて、二日目。



策は、うまくいきました。
開場待ちで先頭に立てたのです。
惜しかったのは、会場の出入り口付近で
面つけを始めたので、
他の人の邪魔になる上に、
自分たちもやりにくく遅くなったこと。

また、次回に向けての反省です。


開会式



さて、試合でのベストショット📷














結果は悔しいものでした…。
ここまでみんなで来たことの意味を
考えて欲しいと、
遠征では毎回思います。
何かを得て帰って欲しい。
剣道のこと、礼儀作法のこと、
向かう気持ちのこと、
いいと思うことはなんでも。

この大会で、同じ滋賀県から出場された、
膳所剣友会の高学年チームが、
見事、優勝されました!
おめでとうございます!!

勝つことだけが大切なことではない。
でも、彼らは自分達と
いったい何が違うんだろう??

そこに、ヒントはないかな?

気持ちに火がついてほしい!!


大会を主催して下さいました、
神明館の皆様、
他、スタッフの方々、
お世話になりました。
ありがとうございました。


皆様、お疲れさまでした。